確定拠出年金 セミナー開催


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報朝刊

 投資信託協会、北國新聞社、全国地方新聞社連合会の主催で老後の資産形成制度を学ぶセミナーが8日、金沢市で開かれた。企業の担当者ら約80人が参加し、講師の説明に聞き入った。
 ファイナンシャルプランナーの山中伸枝さんが講師を務め、経営業態に応じた具体例を示しながら、確定拠出年金の諸制度について、それぞれの特徴やメリットを解説。「誰にとっても将来は不安だ。経営者が音頭を取り、会社として(制度を)整備してみてはどうか」と促した。制度を導入した石川県内の企業の担当者が語るパネルディスカッションも行われた。
 セミナーは今月19日に松江市、10月3日に徳島市、11月27日に宇都宮市で開催される。