有料

万博建設遅れ 「措置早急に」 自見担当相


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報朝刊

 自見英子万博相は14日に就任会見を開き、2025年大阪・関西万博で参加国・地域のパビリオンの建設工事が遅れている問題について「契約締結に向けた取り組みを加速し、施工環境の改善に向けて必要な措置を早急に実施したい」と強調した。日本国際博覧会協会や大阪府・市との連携を強化する考えも示した。


 万博では資材価格の高騰などを背景に、建設業者が決まったのは14カ国にとどまっている。自見氏は「あらゆる努力をしたい」と述べた。