有料

セールに列 駅も虎柄/阪神セV 一夜明けても関西歓喜


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報朝刊

 プロ野球阪神タイガースが18年ぶりにセ・リーグ制覇を果たして一夜明けた15日、地元関西では祝福ムードが広がった。駅の看板が虎柄になり、優勝セールには長い列ができた。

 兵庫県西宮市の甲子園球場最寄りの阪神電鉄甲子園駅では、15日未明の終電後、駅名の看板を優勝記念版に衣替え。チームカラーの黒と黄色の虎柄に彩られた。10月17日まで掲示される。
 毎年開幕前に「日本一早いマジック点灯」を実施している兵庫県尼崎市の尼崎中央3丁目商店街でも早速セールの張り紙が並んだ。玩具店を経営する津吉耕三さん(68)は「昨日からセールの準備を始め、テレビで祝賀の様子を見ながら、今朝までバタバタだった」と笑顔で話した。
 午前11時ごろから優勝記念のセレモニーを開催。アーケードに掲げているボードのマジックナンバーを「1」から「0」に変え、集まったファンらが六甲おろしを大合唱。岡田彰布監督の好物のパインアメが記念品として配られた。阪神電鉄大阪梅田駅(大阪市)近くの複合ビルには、「優勝」「引き続き、ご声援よろしくお願いします」と記された高さ約38メートルの黄色いシートが掲げられた。
 優勝セールの仕事で京都市から訪れた土屋浩一さん(61)は「今回は『アレ』という言葉も生まれて一体感が強かった。流行語大賞になったらあれやね」と笑った。
 阪神百貨店梅田本店(大阪市)は優勝セールを開始。約2千人が並んだため、開店時間を30分早めて9時半にオープンした。東京都渋谷区の会社役員杉本昌範さん(59)は午前7時から開店を待った。「感動した。早く勝ちすぎて来られなかった東京の仲間のため、お土産を買って帰る」と意気込んだ。
 大勢が押し寄せた大阪・ミナミの道頓堀川に架かる戎橋周辺は、朝になって人の姿はまばら。大阪府警によると、午前3時過ぎまでに26人が川に飛び込んだ。
(共同通信)