有料

「非常食捨てた」54% 主要因は消費期限切れ


「非常食捨てた」54% 主要因は消費期限切れ 非常食を食べずに捨てた経験
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報朝刊

 災害時用の非常食を食べずに捨てた経験のある人が54・7%に上ることが、民間企業のアンケートで分かった。備蓄したまま賞味期限や消費期限が切れてしまったのが主な理由。最近は食品の廃棄や無駄を削減する防災様式が注目されているが、認知度は低かった。
 カレーや魚介スープなどの缶詰を製造、販売する「ゴーリバー」(東京)がインターネットで8月上旬に実施。18歳以上の男女計300人の回答をまとめた。
 「過去に非常食を食べずに捨ててしまった経験」について、54・7%が「ある」と答え、ほぼ全員が「賞味期限・消費期限が過ぎてしまった」を理由に挙げた。「商品がおいしくなさそうだった」や「賞味期限・消費期限が分からなかった」との回答も一部あった。
 近年は日常と災害時の垣根をなくし、非常食などを普段の暮らしにも採り入れる考え方「フェーズフリー」が注目される。「備えない防災」と言われ、商品やサービス、まちづくり分野などでも注目されるが、「知っている」との回答は全体の23%にとどまった。