那覇空港―北谷 直行バスで観光振興 沖縄県、25日から実証実験 美浜無料周遊も


那覇空港―北谷 直行バスで観光振興 沖縄県、25日から実証実験 美浜無料周遊も 観光客らでにぎわう北谷町美浜〔資料写真)
この記事を書いた人 Avatar photo 與那覇 智早

 県は25日から、北谷町営駐車場の一部をバスターミナルとして利用し、観光2次交通結節点(北谷ゲートウェイ)の可能性を探る実証実験を開始する。1日5往復の空港直行バスや美浜エリアの無料周遊バスを運行する。民間バス事業者の利用も促し、観光客の移動利便性の向上を図る。

 5日の定例記者会見で玉城デニー知事が発表した。県の観光振興基金を用いた観光2次交通結節点機能強化事業として実施する。予算総額は約2億円。県が運行する実証バスの稼働は来年2月中旬まで。その後は民間利用を図り、2026年3月までターミナル機能を維持する。

 北谷町には宿泊施設や飲食店、商業観光施設などが多く、県民を含め多くの観光客が訪れていることや、北部や南部、東海岸のハブになる地理的な潜在ニーズがあるとして、決定した。観光拠点エリア間の移動円滑化による観光消費額の向上や、一度に40~50人が送客できることによる那覇空港の渋滞緩和などにもつなげる狙い。 (與那覇智早)