有料

沖縄芝居「恐ろしき一夜」「朝顔夕顔」公演(浦添市の国立劇場おきなわ大劇場)


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報朝刊

 13、14の両日、午後2時開演。第一部は組踊「執心鐘入」を題材にした真境名由康作の時代歌劇「恐ろしき一夜」を、第二部では北谷言葉を使った大宜見小太郎作の時代明朗劇「朝顔夕顔」を上演する。演出はいずれも金城真次。料金は一般3700円、大学生等2000円、3歳以上高校生以下1000円など。問い合わせは同劇場、電話098(871)3350。