社会

部活顧問が女子部員の体触る LINEで好意を寄せるメッセージも

イメージ(写真と本文は直接関係ありません)

 沖縄県教育委員会は10日、顧問を務める部活の女子部員に不適切な内容のメッセージをLINE(ライン)で送ったり、練習や試合中に複数の部員の体に触れたりしたとして、離島の高校に勤務する男性教諭(31)を停職3月の懲戒処分にしたと発表した。男性教諭は現在、部活の顧問を外れている。

 県教委によると、男性教諭は7月から8月にかけ、特定の部員に対し、好意を持っていることをにおわせる内容のメッセージを複数回送信した。また、部活の練習や試合中、複数の部員の肩や足首、太ももに触れたり、手を握ったりしたという。部員が高校の養護教諭に相談したことで、男性教諭の不適切な行為が発覚した。県教委の聴取に対し、男性教諭は「コミュニケーションのつもりだった。行き過ぎた行為だった」と話しているという。

 また、県教委は同日、道交法違反(酒気帯び運転)の容疑で逮捕された本島南部の小学校の男性教頭(56)を懲戒免職にした。夫が無免許と知りながら自家用車を運転させ、自身も同乗したとして、竹富町内の女性教諭(30)も減給6月(10分の1)の処分にした。









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス