社会

軽自動車、ダンプと正面衝突 運転女性が死亡 沖縄市大里の国道329号 別の軽自動車と接触し対向車線に

 沖縄市大里の国道329号で22日午前5時50分ごろ、「トラックと軽自動車2台が絡む交通事故、軽自動車内に20代女性、また車外に1人の負傷者がいる」などと119番通報があった。
  
  沖縄署によると、同市照屋から高原向けに国道を走っていた軽自動車と路地から出てきた軽自動車が何らかの原因で接触、うち1台が対向車線に押し出され、走ってきたダンプカーと正面衝突した。この事故で軽自動車をそれぞれ運転していた女性2人が本島中部の病院に搬送されたが、ダンプカーと衝突した軽自動車の女性が同日午前8時19分、搬送先の病院で死亡が確認された。同署が事故の詳しい原因を調べている。【琉球新報電子版】









  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内