社会

800万円を脅し取ろうとした暴力団員を恐喝未遂容疑で逮捕 「俺にも言い分がある」と否認

 与那原署は28日、南城市の自宅の塀が国道の拡張工事によって傾いたことを理由に挙げ、工事を請け負った那覇市の土建会社から現金約800万円を脅し取ろうとしたとして、恐喝未遂の容疑で指定暴力団旭琉会二代目一心一家幹部(50)を逮捕した。同容疑者は「俺にも言い分がある」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は、6月28日午前、南城市の現場事務所で工事の影響によって塀が傾いたと主張して仮住居費や修繕費を要求し、現金を脅し取ろうとした疑い。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス