社会

シュノーケルの48歳男性死亡 沖合に流れる 石垣米原海岸

 5日午前10時35分ごろ、石垣市の米原海岸で「沖合付近で人が流されている」などと、消防を通じ石垣海上保安部に通報があった。観光で訪れていた男性(48)=栃木県=が同保安部のヘリコプターで救助され市内の病院に搬送されたが、午前11時48分、搬送先の病院で死亡が確認された。

 石垣海上保安部によると、男性はシュノーケリング中にリーフに打ち付ける波にさらわれ、沖合に流された。ライフジャケットは着用していなかったという。

 当時、石垣島地方は波浪注意報が発表されていた。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス