首里城再建へ意見書可決 政府に那覇市議会 22年までに基本計画策定求める

政府に首里城の早期再建などを求める意見書を可決した那覇市議会=6日午前、同議会議場

  那覇市議会(久高友弘議長)は6日、臨時議会を開き、首里城の早期再建などを政府に求める意見書案を全会一致で可決した。近日中に上京して要請する予定。城間幹子市長も一緒に上京し政府に要請する方向で調整している。
 
  意見書では(1)2022年までに国、県、那覇市と関係機関が災害に強い再建基本計画などを策定すること(2)首里城再建に向けて特別な財政措置を実施し、中城御殿、御茶屋御殿も含めた琉球王国の文化遺産の再建を推進すること―などを求めている。要請行動は11日以降になる可能性が高い。意見書は安倍晋三首相ら宛て。
【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス