社会

覚醒剤所持で暴力団員を再逮捕 ダンプで雑居ビル突っ込んだ容疑に続き 使用した疑いも

 浦添署は19日までに、沖縄県那覇市久米の自宅で覚醒剤約0・7グラムを所持し、県内で使用したとして、覚せい剤取締法違反容疑で指定暴力団旭琉会三代目一家構成員の男(41)を再逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は9月12日午後7時50分ごろ、那覇市久米の自宅で覚醒剤を所持し、同月2日から同12日午後7時19分ごろの間に県内で使用した疑い。

 同容疑者は沖縄市の建設会社からダンプカーを盗んで、浦添市屋富祖の雑居ビルに突っ込ませたとして、組織犯罪処罰法違反容疑などで9月末に逮捕されていた。同容疑での逮捕時に自宅を家宅捜索した際に覚せい剤が発見された。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス