社会

修学旅行生を乗せたバスが事故 軽貨物の男性が死亡 沖縄県・名護市

 4日午前10時35分ごろ名護市呉我の県道71号で千葉県からの修学旅行生ら約30人を乗せた観光バスと70代男性が運転する軽貨物が正面衝突した。この事故で、軽貨物を運転していた名護市の70代男性が意識不明の状態で本島北部の病院に搬送されたが、その後死亡が確認された。バスに乗っていた修学旅行生らにけがはなかった。

 名護署によると、現場は見通しのよい緩やかなカーブで、今帰仁村方面から南向きに走行していたバスの右前部と対向を走る軽貨物の前部が衝突した。同署が事故の詳しい原因を調べている。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス