社会

無免許で酒気帯び運転、女子高生を逮捕 基準値の4倍アルコール

 那覇署は12日、沖縄県那覇市前島の市道で無免許の上に酒気帯び状態で車を運転したとして、道交法違反(無免許・酒気帯び)の容疑で本島南部の高校に通う女子高校生(18)を逮捕した。同署が酒を飲んだ経緯などを詳しく調べている。

 逮捕容疑は12日午前6時50分ごろ、那覇市内で無免許の上、基準値(呼気1リットル当たり0・15ミリグラム)の約4倍のアルコールを帯びた状態で車を運転した疑い。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス