社会

覚醒剤やLSDを密輸 米国籍のアーティスト男を逮捕

 豊見城署と沖縄地区税関は16日、那覇空港の国際線手荷物検査場内で覚醒剤を含む錠剤など違法薬物を持ち込んだとして、覚醒剤取締法違反・麻薬取締法違反(単純密輸入)の容疑で、米国籍で住所不定自称アーティストの男(24)を逮捕・送検したと発表した。署は認否を明かしていない。税関は9日付で関税法違反の容疑で那覇地検に刑事告発した。

 逮捕容疑は11月22日午後0時10分ごろ、韓国の仁川国際空港から那覇空港向けの航空機に搭乗し、覚醒剤を含んだ錠剤9錠と、違法薬物(LSD)を含む紙片1片(0・049グラム)を持ち込んだ疑い。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス