社会

警部が酒気帯び運転、容疑で逮捕 基準値の7倍を検出 「酒は抜けている」と否認

 石川署は16日、沖縄県うるま市石川伊波の県道6号で、酒気を帯びたまま車を運転したとして、道交法違反(酒気帯び運転)の容疑で県警本部生活安全部地域課所属の警部の男(58)=同市=を逮捕した。「酒は抜けていると思った」と容疑を否認している。同容疑者からは基準値(呼気1リットル当たり0・15ミリグラム)の約7倍のアルコールが検出された。

 逮捕容疑は16日午後4時半ごろ、うるま市内の県道で酒気を帯びたまま車を運転した疑い。県警によると、「対向車線を車が逆走している」との通報を受け警察官が駆け付けると、容疑者がうるま市内のコンビニ駐車場に車を止め付近を歩いていたという。同容疑者は病気を理由に16日付で休職していた。

 県警の松崎賀充首席監察官は「警察官がこのような事案を起こしたことは誠に遺憾。厳正に対処する」と謝罪した。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス