社会

ハンマーを持ち警察署に乗り込んだ男を逮捕 「警察に不満があった」

 糸満署は16日、鉄製で柄が約1メートル、重さ約4キロあるハンマーを所持して同署に乗り込んだとして、建造物侵入容疑で八重瀬町具志頭の職業不詳の男(31)を現行犯逮捕した。「ハンマーを持って入ったが、理由があって入った」などと容疑を否認している。

 逮捕容疑は、16日午前6時45分ごろ、糸満署の1階ロビーに正当な理由なしに侵入した疑い。

 糸満署によると、駐車場からハンマーを所持し、意味不明の奇声を上げながら向かってくる容疑者の男を同署員が目撃し、待ち構えて応対。同容疑者はしばらく意味不明の言動を繰り返していたが、説得に応じハンマーを置いた。調べに「警察に不満があった」などと話しているという。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス