社会

「缶酎ハイ1本しか飲んでない」 酒気帯び運転容疑で海兵隊員を逮捕 基準値の約7倍を検出

 名護署は21日、名護市宮里の市道で酒気を帯びたまま車を運転したとして、道交法違反(酒気帯び運転)の容疑で、米軍キャンプ・ハンセン所属の海兵隊3等軍曹の男(25)を現行犯逮捕した。酒を飲んで運転したことは認めているものの、「缶酎ハイを1本しか飲んでいない」と容疑を一部否認している。

 逮捕容疑は21日午前5時15分ごろ、名護市宮里の市道で基準値(呼気1リットル当たり0・15ミリグラム)の約7倍のアルコールを帯びた状態で車を運転した疑い。



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス