社会

「屋根の上から眺めが見たかった」 米兵酔っ払って民家の屋根に上る

 石川署は8日、酒に酔って金武町の2階建て民家の屋根に上ったとして、住居侵入の容疑で米軍キャンプ・ハンセン所属の米海兵隊伍長(20)を逮捕した。「屋根の上からの眺めが見たかった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は8日午前1時50分ごろ、金武町の民家敷地内に正当な理由なく侵入した疑い。

 石川署によると、屋根から大きな音がしたため民家の住人がベランダから外をのぞくと、伍長が屋根に立っていた。周辺の民家を屋根伝いに移動してきたとみられ、下りてきたところを住人が引き留め警察官に引き渡した。

 同容疑者からは基準値(呼気1リットル当たり0・15ミリグラム)の約4倍のアルコールが検出された。けが人や破損物の報告は入っていないという。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス