経済

宿泊や飲食店で利用できる割引クーポンを無料配布 沖縄市観光物産協 新型コロナで経営悪化の事業者を応援

会員を支援するために発行したクーポンをPRする沖縄市観光物産振興協会の職員=16日、沖縄市上地の同協会

 【沖縄】沖縄市内でホテル業や飲食業を営む会員を支援しようと、沖縄市観光物産振興協会(島袋隆会長)は16日、宿泊施設や飲食店で利用できるクーポンの無料配布を始めた。限定400枚。新型コロナウイルスの影響で客足が減少する中、消費者の購買意欲を高めたい考えだ。担当者は「会員が大変な思いをしている時だからこそ経営をバックアップしたい」と話した。

 宿泊施設で利用できる「エイ坊クーポン」は2500円、飲食店や観光施設、お土産品店などで使える「サーちゃんクーポン」は千円の割引でサービスを受けられる。同協会の窓口で200枚ずつ配布し、7月31日まで利用できる。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、沖縄市ではイベント中止のほか、春季にピークを迎えるスポーツ合宿の受け入れ中止が相次ぐなど、宿泊施設を中心に影響が出ている。クーポンの運用で、会員の売り上げ向上と利用者の消費拡大を狙う。利用可能な店舗は同協会のHPやフェイスブックなどで確認でき、随時更新する。問い合わせは(電話)098(989)5566。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス