社会

刑事裁判で無罪判決相次ぐ 有罪率99%の日本で1日3件 那覇地裁

23日の刑事裁判で無罪判決が3件相次いで言い渡した那覇地裁

 那覇地裁管轄の刑事裁判で23日、無罪判決が3件相次いで言い渡された。有罪率99%ともいわれている日本の刑事裁判で1日に3件も無罪判決が下されることは異例だ。那覇地検は「判決内容を精査し適切に対応したい」とコメントした。

 2019年10月20日、那覇市の飲食店のガラスを一升瓶で意図的に割ったとされ、器物損壊などの罪に問われた男性被告(66)に対して、那覇地裁の大橋弘治裁判官は「過失によって割ってしまった合理的な疑いが払拭(ふっしょく)できない」として無罪にした。

 18年12月と19年7月に男性被告(54)が道路交通法の無免許運転と酒気帯び運転違反の罪に問われた事件では、脇田未菜子裁判官は記憶を失う疾患を持つ被告が「事件当時、運転免許を受けていないことを認識していたと認めるには疑いが残る」とした。無免許運転については無罪、酒気帯び運転は有罪として罰金30万円の刑罰を下した。

 那覇地裁平良支部でも同日、公文書偽造の罪に問われた男性被告に無罪が言い渡された。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス