社会

有印公文書偽造など2事件で無罪確定 那覇地検控訴せず

 那覇地裁管内の刑事裁判で3月23日に無罪判決が3件相次いで言い渡された件で、那覇地検は8日までにいずれも控訴せず、うち2件で無罪が確定した。

 無罪が確定したのは、器物損壊などの罪に問われた男性(66)と、有印公文書偽造の罪に問われた男性(30)。2018年12月と19年7月に道路交通法の無免許運転と酒気帯び運転違反の罪に問われ、無免許運転について無罪となった男性被告(54)は、有罪となった酒気帯び運転について控訴したため、福岡高裁那覇支部で審理が続く見通し。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス