スポーツ

県高校総体を延期決定 高体連 全国大会ないなら中止も検討

 5月29日開幕予定の沖縄県高校総合体育大会(県総体)について、県高校体育連盟(上地勇人会長)は22日、延期とすることを決めた。派遣大会となる全国高校総体(北関東インターハイ)が開催されない場合は改めて中止も検討する。県総体の延期は、1953年の第1回大会以来初めて。

 新型コロナウイルス感染拡大を受けた臨時休校措置で部活動ができない状況にあることや、県内でも感染が拡大していることなどを勘案し、県高体連評議員会を持ち回り開催して延期を諮った。決定は全会一致。6月上旬の県高校定時制通信制夏季体育大会も延期する。

 全国高校総体の出場申し込みが始まる6月中旬までの開催を目指す。開催する場合も総合開会式は中止とする。26日には全国高校体育連盟が北関東インターハイの開催可否を協議する予定で、その判断や県内の感染状況が悪化した場合などは再度検討する。


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス