社会

那覇の喫茶店で切りつけ、搬送の女性死亡 男性けが 犯人逃走

従業員が切りつけられた喫茶店=那覇市具志

 25日午前6時ごろ、那覇市具志の喫茶店に刃物のようなものを持った男が押し入り、男女の従業員2人の首を切りつけた。30代女性従業員は搬送されたが、その後死亡が確認された。男は逃走しており、周囲の小学校などでは玄関の施錠など注意を呼びかけている。

 沖縄県警豊見城署などによると、女性は失血死とみられる。押し入った男は従業員に現金を要求したものの、従業員が抵抗したたため刃物で切りつけたという。店内には従業員以外に客はいなかった。男性従業員が近くのコンビニに逃げ込み、119番通報を要請した。

 豊見城署は強盗殺人事件として、逃げた男の行方を追うとともに、近隣への警戒を呼び掛けている。

 現場は、那覇空港近くの国道331号から筋道に入ったところで、住宅街の一角。【琉球新報電子版】(12:31最終更新)





関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス