スポーツ

琉球コラソン、3選手と契約更新 主将東江「夢与える」 ハンドボール

 日本ハンドボールリーグ(JHL)の琉球コラソンは24日までに、東江太輝(30)、棚原良(32)、佐藤草太(24)の3選手との契約を更新した。

 東江は1989年生まれ。180センチのセンターバック。2019年に湧永製薬から移籍した。海外経験もあり、主にゲームを組み立てる司令塔を務める。

 棚原は1987年生まれ。190センチのレフトバック。19年にポルトガルリーグからコラソンに再加入した。

 佐藤は1995年生まれ。168センチのセンターバック。順天堂大から18年に加入し、得点源として活躍。昨季はシーズン途中で膝を痛め3試合出場にとどまり、復活を懸ける。

 主将に就いた東江は「キャプテン、トップ選手としての自覚を持ち、子どもたちへ夢を与えられる、見ている人の心をつかめるチームにしていきたい」と抱負を語った。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス