社会

一夜明け逃走…登校厳戒「怖い」「外出させられない」 那覇強盗殺人

事件現場に近い那覇市立さつき小学校で登校時に警戒するパトカー=26日午前、同市宇栄原

 沖縄県那覇市具志で発生した強盗殺人事件から一夜明けた26日朝、那覇市内の小学校では保護者が送って登校した。中学校では集団登校した。保護者たちは「早く捕まってほしい」と口をそろえた。

 事件現場に近い那覇市宇栄原の市立さつき小学校では、校門や校内で見守りする人数を通常より増やして警戒を強めた。

 児童を送り届けた30代の母親は「新型コロナウイルスが落ち着いてきたのに、事件で安心して登校できなくなり残念だ。子どもには『家にいる時に知らない人がチャイムを鳴らしても開けないで』と言っている」と声を落とした。別の児童の父親(40)は「現場近くのコンビニをたまに使うので怖い。子どもを1人で外出させないようにしている」と話した。

 正門で子どもたちに元気よく声を掛けていた山里昌樹校長は「地域のボランティアの協力も得ながら子どもたちの安全確保に努める。日々の危機管理を徹底していく」と気を引き締めていた。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス