社会

那覇の2人死傷 強盗殺人容疑で49歳の土木作業員を逮捕 警察に出頭

2人が死傷した強盗殺人事件で、現場の喫茶店を調べる沖縄県警捜査員ら=25日午前、那覇市具志

 沖縄県那覇市で女性ら2人が刺され死傷した事件で、沖縄県警は26日、糸満市の土木作業員の男(49)を強盗殺人容疑で逮捕したと発表した。

 逮捕容疑は25日午前6時8分ごろ、那覇市具志のゲーム喫茶店に客を装って入店し、従業員に現金を出すよう要求。女性従業員(47)を刃物で切りつけて殺害した疑い。女性の司法解剖も行われ死因は首など複数の箇所を刺されたことによる失血死だった。

 県警は25日、豊見城署に捜査員142人体制の特別捜査本部を設置。発生から一夜明けた26日午前、男は自ら出頭し、逮捕された。

 容疑者が逃走中だったことから、現場近隣の小学校などでは集団登下校を実施。警察官が通学路の警戒に当たるなど、一帯は物々しい雰囲気に包まれた。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス