社会

「死体検案書」誤ってファクス送信 沖縄・うるま署 「届くはずのない文書」連絡で発覚

 うるま署は27日、個人情報の記載された文書1枚を30代の署員が誤って、文書と無関係の本島内の公共施設にFAXで送信したと発表した。文書は事件や事故の死亡事由などを記した死体検案書。25日に文書を誤送信し、26日に受信した施設から「届くはずのない文書が届いた」と連絡を受けて発覚した。署員が施設を訪れて回収した。

 うるま署によると、本来の送り先の他に、誤送信した施設も含め2施設に宛ててFAXを送信した。ボタンの押し間違えが原因とみられる。同署は指導を徹底し、再発防止に努めるとしている。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス