経済

夏限定「75ビール」はシークヮーサー入り 苦みと香りの第2弾

 【名護】オリオンビールは4日、プレミアムクラフトビール「75BEER(ナゴビール)」第2弾となる「75BEER―IPA」の発売を発表した。16日から沖縄県名護市内で334ミリリットル小瓶を先行販売し、7月21日から小瓶と350ミリリットル缶を県全域で販売する。小瓶のラベルは夕暮れの名護の風景に市制50周年記念マークを配した特別仕様だ。

 IPAはインディアペールエールの略称で、一般的にホップを豊富に使った香りと苦みが特徴だ。「75BEER―IPA」は5種類のホップに勝山シークヮーサーも使用し、穏やかな酸味を加えた。小瓶6万本、缶は17万2800本を「夏限定」として販売する。

 4日に名護市役所を訪問したオリオンビールの平良昭常務執行役員と樫原忠商品開発部担当部長は「米国産ホップを使いハンバーガーやピザに合う味に仕上げた」と説明した。渡具知武豊市長は「新しい75ビールを共に飲むと会話も弾むだろう」と話した。


(左から)7月21日発売予定の「75BEER―IPA」の缶。「75BEER―IPA」の小瓶。ラベルは夕暮れの名護の風景に市制50周年記念マークが配されている。

渡具知武豊市長(右)に新商品「75BEERーIPA」の小瓶を手渡すオリオンビールの平良昭常務執行役員(中央)と樫原忠商品開発部担当部長=4日、名護市役所


関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス