与党第一党で存在感増す共産 「オール沖縄」真価は次期衆院選に <記者座談会>(下)政局への影響


この記事を書いた人 Avatar photo 田吹 遥子
集まった有権者の前で街頭演説する候補者=5月30日午後、本島南部

 任期満了に伴う第13回県議会議員選挙は7日に投開票され、県政与党が25議席を獲得し、過半数を維持した。ただ、与党は現職4人が落選し議席を減らすなど「薄氷の勝利」となった。選挙結果の見方や今後の政局への影響などについて、本紙取材班の記者が座談会を開いた。

 A 与党は共産が全員当選で躍進し、社民、社大は議席を減らした。今後、「オール沖縄」内で与党第1党になった共産の存在感が増すことになる。ただ「オール沖縄」内では共産と距離を置く勢力もあり、今後波乱も予想される。
 C 県議選が終わったことで県内政局は衆院選の人選が焦点になる。与党は1区、3区は現職、2区は北中城村長の新垣邦男氏の出馬が濃厚だが、4区がいまだに決まっていない。今後、政党間の綱引きが激化しそうだ。
 B 本島南部の与党の議席は全て共産だ。今後、与党内で候補者選考が再開するが、共産の存在は無視できない。共産などは「オール沖縄」候補として無所属候補を擁立すべきとの立場だが、立憲民主は独自候補の擁立にこだわっており、候補者決定には時間がかかりそうだ。
 D 玉城デニー知事のお膝元である沖縄市区で野党・中立が3議席を占めたことは知事にとってかなり痛手だ。今後の市長選や知事選にも影響を与える。会派おきなわの玉城満氏が落選したことで改選後の与党各会派の編成も注目される。
 E 自民は目標に掲げた「与野党逆転」はかなわなかったが今回の結果に大満足している。ただ立候補者が多い県議選とは違って国政選挙や知事選では「オール沖縄」勢が強みを発揮し、連戦連勝している。その意味では次期衆院選で「オール沖縄」の真価が問われそうだ。

<座談会出席者>
 吉田健一(キャップ、政治部)▽西銘研志郎(同部)▽池田哲平(経済部)▽阪口彩子(社会部)▽下地美夏子(中部支社報道部)