経済

沖縄最大級のマリン遊具施設きょうオープン 豊崎「ちゅらウォーターパーク」

県内最大級のマリンアスレチックで遊ぶ親子連れら=13日、豊見城市豊崎の美らSUNビーチ

 【豊見城】ちゅらベンチャー協同組合は13日、豊見城市豊崎の美らSUNビーチで県内最大級のマリンアスレチック「ちゅらウォーターパーク」のプレオープンイベントを開いた。親子連れなど約35人が参加し、梅雨明けの夏空の下、水しぶきをあげて楽しんだ。14日にオープンし、10月31日までの開設を予定する。

 ちゅらウォーターパークは縦40メートル、横30メートルの海上に高さ3メートルの滑り台やシーソーなど17個のアスレチックがある。

 那覇市の長尾悠矢さん(11)は「滑り台が面白かった」とうれしそうに話し、弟の祥平さん(5)は「難しいものと簡単なものがあった。あと90回は来たい」と笑顔を見せた。

 新型コロナウイルス対策としてスタッフや利用者の検温を実施している。協同組合の小出一登代表は「県民も観光客も気軽に楽しんでほしい」と呼び掛けた。

 営業時間は午前10時~午後6時だが、潮の干満によって変動あり。料金は1時間で大人(15歳以上)は税込み1500円、6~14歳は千円、3~5歳は500円。売り上げの一部は首里城復興に寄付される。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス