社会

大浦湾の作業船座礁、負傷6人に 新たに1人が2週間のけが

座礁してほぼ海に沈んだ状態のボート=15日、名護市大浦湾沖合

 辺野古新基地建設が進む沖縄県名護市の大浦湾で14日、米軍キャンプ・シュワブの警備要員を乗せた作業船が座礁した海難事故で、中城海上保安部は17日、新たに乗務員の男性(56)が右肩打撲と背部打撲のけが(全治2週間)を負っていたと発表した。

 事故によるけが人は計6人になった。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス