経済
ウォール・ストリート・ジャーナル厳選記事

アマゾン、20億ドルの気候変動ファンド立ち上げ


テクノロジー

By Dana Mattioli
2020 年 6 月 23 日 22:00 JST 更新プレビュー



 米アマゾン・ドット・コムは、気候変動の影響緩和を目的とした20億ドル(約2100億円)規模のベンチャーキャピタルファンドを立ち上げる。

 ファンドの名称は「クライメート・プレッジ・ファンド」とし、輸送、エネルギー生産、蓄電池、製造、食品、農業などさまざまな産業の企業に投資する。他社も含めて2040年までに二酸化炭素(CO2)排出量を実質的にゼロ(ネットゼロ)とする目標の達成に役立てたい考えだ。

 アマゾンなど多くの企業は、化石燃料の使用を減らし森林再生などのプロジェクトに投資することを通じて、事業活動による気候変動への影響緩和を目指している。

 ジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)は投資先企業について「あらゆる規模や段階の世界中の企業が候補になる」とし、創業初期の新興企業から老舗企業まで幅広く投資する考えを示した。さらに「各投資案件は、ゼロカーボンへの到達を加速し次世代のために地球を守る潜在性によって判断される」と述べた。

 アマゾンは投資の時期や期間は明らかにしていない。20億ドルは「当初の資金」とし、規模が拡大する可能性を示唆した。

 アマゾンに対しては近年、大量の商品輸送によって環境に負荷をかけているとして批判も強まっている。




(c) 2020 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved Worldwide.


■ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)について
琉球新報デジタルサービスWSJ特設ページ-琉球新報WebNews購読会員なら追加料金なしに米最大の日刊経済紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)オンラインが購読できます

 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス