社会

中学校の39歳教諭が酒気帯び運転の疑い 宮古島署が逮捕

 宮古島署は10日、宮古島市平良東仲宗根添の市道で酒気を帯びた状態で車を運転したとして、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で同市の中学校教諭の男(39)を逮捕した。「酒は体から抜けたと思った」と容疑を一部否認している。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス