社会

全国高文祭きょう開幕 県勢233人参加

 文化系部活の祭典「第44回全国高等学校総合文化祭(2020こうち総文)」(文化庁、全国高等学校文化連盟など主催)が31日、開幕する。今回は高知県が会場だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため生徒を同県に集めず、インターネット上で「WEB SOUBUN(ウェブ総文)」を開催する。県内から34校233人が参加する。10月31日まで。

 総文祭事務局は開幕に合わせ特設サイトを公開。8月6日に高知県内で行われる総合開会式をライブ配信する予定。サイト内で合唱や吹奏楽などの演奏動画、美術工芸、写真などの作品を発表する。囲碁や将棋などの競技部門はネットでの対局や試合は行わない。

 表彰があるのは写真、放送、新聞の3部門。写真は7月31日、放送は8月中旬に入賞作品を発表する。新聞部門に県内からの参加はない。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス