社会
新型コロナウイルス感染症

沖縄で新たに10人コロナ感染 10歳未満~80代

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 県は13日、県内で新たに10歳未満から80代の10人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。新規感染者数は2290人となった。直近1週間の10万人当たりの新規感染者数は4・94人で全国4番目の多さ。新規感染者数はピーク時より減少傾向にある中で、県は14日夜に専門家会議を県庁で開き、イベント開催の在り方や感染状況の見通し、検査体制などについて議論する。

 最高が4段階の、七つの警戒レベル判断指標は13日正午現在、第3段階(感染流行期)が三つ、第2段階(流行警戒期)が三つ、第1段階(発生早期)が一つで、全体では第3段階となっている。警戒レベルの引き下げ判断などについても県は専門家会議で意見を聞く予定。
 13日発表の新規感染者のうち、70代以上の高齢者は4人だった。20代女性で医療関係者の感染も確認された。米軍関係は報告がなかった。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス