政治

陸自配備、新たなゲート設置 石垣市「事前説明なく遺憾」「今後は情報の公表を」

石垣市平得大俣の陸上自衛隊駐屯地建設現場(資料写真)

 【石垣】沖縄県石垣市平得大俣への陸上自衛隊配備計画を巡り、住民説明会で説明がなかった新たなゲートの設置が判明した件で、市の知念永一郎総務部長は14日の市議会9月定例会一般質問で「生活環境への影響が考えられるにもかかわらず、市や周辺住民への事前説明がなされず、大変遺憾に思う」と述べた。野党の大濱明彦氏への答弁。

 知念部長は沖縄防衛局に対し、市民生活に影響が及ぶ可能性のある情報について、今後は事前に公表や説明をするよう求めたと明らかにした。

 市民団体が市への情報公開請求で入手した文書でゲート設置が判明したことを踏まえ、中山義隆市長は「防衛省から市への説明は全くなく、報道で初めて知った」と説明。ゲートについての説明会開催を防衛局に求めたとした。

 ゲート設置の中止を求める大濱氏の質問に中山市長は「詳細を確認する前に中止を求めることは考えていない」と答えた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス