社会

沖縄、コロナ新たに15人感染 10万人当たり全国最多11日連続

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 県は13日、新たに10歳未満から80代までの男女15人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。感染者は累計2769人となった。直近1週間の10万人当たりの新規感染者数は10.09人で、2位の東京(8.89人)を上回り11日連続で全国最多だった。

 13日発表の15人の居住地別内訳は那覇市9人、浦添市3人、沖縄市2人、宮古島市1人。推定感染経路が判明しているのは8人で、会食・飲食1人、家庭内6人、職場関係1人だった。

 入院中の患者は159人で、うち重症が7人。県の判断指標で第4段階の「感染蔓延(まんえん)期」(70%超)に迫っていた病床占有率は62.8%と前日(68%)から低下している。

 米軍関係者の感染は確認されていない。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス