社会

シュノーケリングの56歳女性が死亡 阿嘉島のビーチ

 17日午前10時6分ごろ、座間味村阿嘉の北浜(にしばま)ビーチで「女性が溺れた」と消防を通じて118番通報があった。同ビーチで知人らとシュノーケリングをしていた東京都の女性(56)が心肺停止の状態で発見され、同村阿嘉診療所に搬送されたが、同日午前10時55分、死亡が確認された。

 那覇海上保安部によると、女性は知人らと同ビーチを訪れ、同日午前9時40分ごろからシュノーケリングをしていた。数十分後、水深約30センチの波打ち際でうつぶせになって浮いている女性をライフセーバーが発見した。ライフジャケットは着用していなかった。当時、現場海域は穏やかな状態だったという。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス