くらし

クリスマスの風物詩が中止に 浦添・経塚のイルミネーション

今年は中止が決まった浦添市経塚のイルミネーション=2017年12月24日

 【浦添】新型コロナウイルス感染症流行防止のため、沖縄県浦添市経塚で毎年12月に行われるイルミネーションが今年は中止されることが決まった。地域住民でつくる実行委員会が10月29日に開かれ、決定した。

 経塚のイルミネーションは約15年前に始まった。クリスマスを彩る風物詩として市内外から見物客が集まる地域の一大イベントとして親しまれてきた。

 経塚自治会の照屋栄会長(66)によると、実行委では「コロナ禍だからこそ子どもたちのためにやりたい」という意見もあったが、見物客が集まることへの不安や、準備時に密を避けられないことなどから中止を決めたという。

 照屋会長は「長年続き、愛されてきたイベントができないことは残念だが、情勢を考えれば仕方ない。来年以降、コロナが収束し、再開できたらいい」と話した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス