社会
新型コロナウイルス感染症

沖縄で新たに74人が感染【11月27日朝】

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 県は26日、17市町村で10歳未満から90代までの男女74人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日の感染者数が70人を超えるのは、105人を記録した8月14日以来、104日ぶり。今月21~23日の3連休前の発症例が多いことから、県は「(連休中に)医療機関が休みで、たまった分がまとまって報告された可能性が高い」と分析した。人出の多かった3連休の影響が判明するのは、今週末以降になるとの見方を示している。

 県内の感染者数は18~21日に4日連続で40人以上だったが、連休最終日の23日から25日までは16~27人とやや落ち着いた。県の糸数公保健衛生統括監は、連休のため医療機関で受診できなかった感染者が26日の発表分に反映されたとの見方を示した。その上で「急増していないとは言い切れず、今週末や来週の数字は注視する必要がある」と述べた。米軍関係は16人の感染が報告された。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス