教育

休校中の創作も…真和志高「卒業記念展」県立博物館・美術館で まんがや映像、陶芸など

陶芸やイラスト、写真など多彩な作品が並ぶ真和志高校クリエイティブアーツコース卒業記念展=1日、那覇市おもろまちの県立博物館・美術館

 沖縄県立真和志高校(城間敏生校長)クリエイティブアーツコースの卒業記念展が1日、那覇市の県立博物館・美術館県民ギャラリーで始まった。6日まで。入館無料。

 3年生24人の作品51点を展示している。「イラスト・漫画」「写真・映像」「陶芸」の三つの分野で、生徒らが自由にテーマを設定し表現した。新型コロナウイルスで休校中に描いた疫病退散の妖怪「アマビエ」も展示されている。

 仲田奈理亜さん(17)は「展示作品を見てうれしくなった。他の生徒の作品も刺激になり、もっと勉強したいと思った」と話した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス