社会

未来に向けて「歩」 名護の新成人が光文字 神ケ森に点灯 今月末まで

【名護】名護市の新成人が市東江の神ケ森(じんがむい)に漢字を飾る「光文字」が10日、点灯された。今年の漢字には「歩」が選ばれた。1月31日まで点灯する予定。

 東江中出身の新成人約100人が準備した。新型コロナの影響で資金が集まりにくく、新聞などで支援を呼び掛けたところ市にゆかりのある企業などから多数の寄付が集まったという。

 実行委員長の嘉数碧さん(20)は「コロナの影響で営業を自粛したり挑戦の機会を失ったりした人が、未来に向けて歩もうという思いになってくれたら」と語り、資金協力に感謝した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス