国際
ウォール・ストリート・ジャーナル厳選記事

米ニューヨーク州民、4分の1以上がコロナワクチン希望せず【WSJ厳選記事】


北米

By Jimmy Vielkind
2021 年 1 月 20 日 06:31 JST 更新プレビュー


 米ニューヨーク州住民の4分の1以上は新型コロナウイルスワクチンの接種を受けるつもりがないことが、19日発表の世論調査で明らかになった。

 シエナ・カレッジ・リサーチ・インスティテュートが州の有権者804人を対象に行った調査によると、接種を受けないと回答した比率は黒人、中南米系、若年層で最も高かった。ニューヨーク州では昨年12月14日から接種が始まっている。

 すでに接種を受けたと答えた7%を除くと、69%は接種を受ける予定で、27%は受けるつもりがないとそれぞれ回答。4%は回答しなかった。調査は先週実施され、誤差の範囲はプラスマイナス4.1ポイント。

 接種を受けないとの回答は、共和党員(自称)または無党派の35%、ヒスパニック系の39%、黒人の36%、18~34歳の36%だった。

 シエナが昨年11月に実施した調査では、接種を受けないとの回答は24%だった。

 アンドリュー・クオモ州知事は18日、州の90万3131人が1回目のワクチン接種を受けたと明らかにした。米疾病対策センター(CDC)によると、連邦政府はこれまでに同州に190万回分のワクチンを配布している。




(c) 2021 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved Worldwide.


■ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)について
琉球新報デジタルサービスWSJ特設ページ-琉球新報WebNews購読会員なら追加料金なしに米最大の日刊経済紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)オンラインが購読できます

 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス