経済
沖縄経済ニュース

オリオン、ドラフトビールをリニューアルへ 伊江島産大麦を倍増

オリオンビールが伊江島産大麦の使用量を増やしてリニューアルする「オリオン ザ・ドラフト」(オリオンビール提供)

 オリオンビール(豊見城市、早瀬京鋳社長)は28日、「オリオン ザ・ドラフト」を2月製造分からリニューアルし、伊江島産大麦の使用量を増やすと発表した。

 伊江島産大麦の使用量は非公表だが、従来のドラフトに比べて倍増するという。パッケージデザインに「沖縄県産素材」のマークを使用した。缶裏面には、同社の開発チームによるおいしい飲み方「パーフェクトサーブ」の記載がある。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス