社会

強制わいせつ容疑の米兵、那覇署が再逮捕 女性に抵抗され逃走「何もしていない」

 那覇署と県警捜査一課は11日、路上を歩いていた沖縄県内在住の成人女性に無理矢理キスをしたり、下着を触るなどのわいせつ行為をしたとして、キャンプ・コートニー所属の米海兵隊一等兵の男(24)を強制わいせつ容疑で再逮捕した。調べに対し、「何もしていない」と容疑を否認しているという。一等兵の男は女性の110番通報で駆けつけた警察官の胸を突き飛ばしたとして1月31日に公務執行妨害容疑で現行犯逮捕されていた。

 逮捕容疑は1月31日午前5時ごろ、那覇市内の路上を歩いていた県内在住の成人女性に声をかけて、駐車場に連れ込み、無理矢理キスをしたり、下着を触るなどのわいせつ行為をした疑い。一等兵は犯行当時、酒に酔った状態だった。女性は抵抗し、助けを求めたため、逃走したという。女性にけがはない。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス