社会

覚醒剤所持使用の疑い、飲食店経営の男を逮捕 浦添署

 浦添署は22日、覚醒剤取締法違反(所持・使用)の容疑で飲食店経営の男(33)=宜野湾市=を逮捕したと発表した。認否は明らかにしていない。

 逮捕容疑は1月25日から今月3日にかけて、県内で覚醒剤を使用し、2019年11月23日に浦添市で覚醒剤を所持していた疑い。県警によると、浦添市内の商業施設で19年11月、拾得物として届けられた男の所持品から覚醒剤がみつかった。今月3日には、尿から覚醒剤反応が出たという。浦添署が覚醒剤の入手先など、詳しく調べている。


関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス