社会

労基法違反の疑い 労働者派遣業の責任者を書類送検

沖縄労働局

 那覇労働基準監督署は16日、労働契約を更新した際、派遣労働者に対して賃金や契約期間などの労働条件を書面で交付し、明示しなかったとして、労働者派遣業のラブキャリア(東京都新宿区)と同社沖縄オフィス責任者を労働基準法違反の疑いで、那覇地方検察庁に書類送検した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス