社会

シュノーケル中に観光客死亡 宮古島・シギラビーチ

(イメージ写真)

 2日午後0時17分ごろ、沖縄県宮古島市のシギラビーチで「人が溺れている」と119番通報があった。宮古島海上保安部などによると、家族4人で宮古島を訪れていた岐阜県の会社役員の男性(61)が岸から約50メートル離れた所でシュノーケル中に溺れ砂浜に引き上げられた。男性は市内の病院に搬送されたが、同日午後1時19分ごろ、死亡が確認された。同日の周辺海域はうねりもなく、穏やかだったという。同保安部が事故の経緯などを詳しく調べている。

【関連ニュース】

▼3連休の月曜は要注意! 沖縄の海で水難事故が多発 「連休最後は無理して楽しもうという心理が働いているのでは」

▼競泳選手も逆らえないほど強い「離岸流」とは?



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス