座間味村長に宮里氏 新人破り4期目 投票率90.15%


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社
宮里哲氏

 【座間味】任期満了に伴う座間味村長選挙が16日投開票され、無所属現職の宮里哲氏(53)=自民、公明推薦=が347票を獲得し、無所属新人で前村議の宮平譲治氏(48)を65票差で破り、4期目の当選を果たした。

 宮里氏は「短期決戦の中、支援者の皆さんの支えで当選できた。村長としてのこれまでの知識と経験を生かして、コロナ禍で疲弊する村の経済を立て直したい」と抱負を述べた。

 当日有権者数は711人(男性392人、女性319人)。投票総数は641票、有効投票数は629票、無効票は12票だった。投票率は90・15%で前回選挙が行われた2013年の87・55%に比べて、2・6ポイント上回った。

 宮里 哲氏(みやざと・さとる)1967年8月22日生まれ。村座間味出身。第一経済大卒。94年に村役場入りし、産業振興課係長などを経て2009年5月の村長選で初当選。県離島振興協議会会長などを務める。

▽座間味村長選開票結果
当347 宮里 哲  無現
 282 宮平 譲治 無新
 (選管最終)
宮里哲氏